機能や操作性をチェックしてsfaツールを導入しよう

sfaツールの導入に成功するためには、機能だけではなく操作性やサポート、さらには価格などが適しているのかあらかじめ確認することが大切です。sfaツールには様々なサービスが存在しており、クラウド型やオンプレミス型など多彩な形態から選ぶことができます。国産と海外産、サービスの有無など機能以外の面でも幅が広いため、十分に検討してから導入しないとせっかく購入したのに自社には合わなかったという結果になりかねません。sfaツールの機能はや予算実績管理や案件管理、アポイントとターゲティング、分析などの営業関係が基本です。

自社が利用する機能を備えていれば、営業活動に活かすことができるでしょう。また、これらの機能を操作するためのインターフェースは洗練されているか、使い勝手は良いかといった点もチェックします。多数の機能を搭載し、おしゃれなインターフェースでまとめたsfaツールであっても、実際に使う社員にとって操作性が悪ければ定着は難しいでしょう。操作してみて使い勝手を試すことが重要になります。

導入を検討しているsfaツールは適正価格かどうかも、事前に確認しておきたいポイントです。一見するとリーズナブルに見えても、実は初期コストとランニングコストが高くなる可能性も考えられます。無理のない価格で導入ができれば、予算面での負担を抑えることができます。一般的には多機能なほどコストは高くなるため、自社が求める機能と照らし合わせて多角的に決定する必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です