sfaツールが持つ機能は

sfa(営業支援システム)はその名前の通り、営業活動を支援するためのものであり、一連の営業活動を可視化し効率化することが出来ます。近年、sfaツールを導入する企業が増えていることを考えると、さまざまなところで多くの効果を出していることが伺えます。sfaツールを活用する企業が増えた背景には、求められるマーケティングの形が変わってきたということにあるでしょう。かつては、多数の消費者に向けて沢山の広告でアピールする、「マスマーケティング」という手法がありました。

しかしながら、近年は顧客一人ひとりのニーズに合わせて、それぞれの消費行動にアピールする方法が主力になっています。では、sfaツールにはどんな機能があるのかというと、まずは「顧客情報の管理」が挙げられます。顧客情報は、氏名・連絡先・メールアドレス・勤務先の業種・職種などのデータで、その情報は担当部門で一元的に管理します。次が「営業活動の管理とサポート」機能であり、案件ごとの一連の営業活動を可視化することで、仮に担当者が代わったとしてもスムーズに引き継ぎ出来るなどメリットが大きいです。

サポート機能では、担当者のスケジュールや行動リストの管理、見積書の作成から申請処理などをバックアップします。また、部門・担当者・製品ごとに売上を分析し、売り上げ予想を立てることも可能です。きちんと入力しデータの蓄積量が増えていけばいくほど、より分析の精度もあがっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です