営業支援ツールが必要とされている理由とは

営業を担当するスタッフは顧客リストを作成してテレアポを行い、アポイントメントを獲得したら顧客を訪問します。実際に顧客を訪ねて対面で説明すれば、商品やサービスのメリットについて深く理解してもらうことができます。対面による情報提供は効果的ですが、時間と手間がかかるというデメリットも存在します。スタッフは限られた時間を有効に活用して、より多くの顧客を訪れ商品などをアピールする必要があります。

多くの取引を成立させるためには、売上の増加とは直接的な関係がない業務からスタッフを解放しなければなりません。営業支援ツールにはスタッフが抱える定型的で繰り返し行われる業務を自動化する機能と、顧客や案件などの重要情報を一元管理する機能が備えられています。前者はスタッフの負担を軽減して生産性を向上させるのに役立ち、後者はスタッフ間の連携を強化し組織的な活動を可能にするために効果を発揮します。ある程度の規模に成長した企業では、より効率的な活動を行うため営業支援ツールが必要になります。

事業規模が小さくスタッフ数も少ない企業では、業務量や顧客数もそれほど多くはありません。1人のスタッフが様々な業務をこなしても問題はなく、情報交換も自然と行われます。事業規模が大きくなるほど役割分担が重要になり、意識的に重要情報を交換しなければなりません。営業支援ツールで顧客リストや見積書の作成など定型的な業務を自動化すれば、スタッフが重要な業務に専念できるようになります。

さらにシステムへアクセスするだけで重要情報を閲覧できるため、スタッフ間の連携が強化され組織的な営業を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です