sfaは営業の組織力アップするツール

sfaは案件管理と活動管理を行うことができるツールです。案件管理とは見積もりから注文までの進捗を管理することです。停滞が見られる場合にはサポートが必要で、競合が有利となれば戦略を変えなければいけないかもしれません。それをリアルタイムで管理することで、個人ではなく組織として対応するようにします。

結果として失注を減らすことが期待されます。活動管理は営業の行動を日報の代わりにリアルタイムで入力することです。sfaはそもそも営業の効率化のために考え方でした。それをツールとして利用できるようにしたものが、最近導入されているシステムです、顧客管理ツールのCRMと一緒に利用されることがほとんどです。

顧客管理は接点を管理することで、ニーズを見つけ出すことを目的としています。その見つけたニーズに対して効率的に組織でアプローチするのが、sfaの目的です。案件管理で個人の負担を軽減して、しっかりと注文まで導きます。活動管理で無駄がないかを管理して、日報の作成などの事務的な作業を軽減します。

sfaを使うことで、営業個人への負担を軽減することができますが、その分個人への期待も小さくなります。担当者間の差分は小さくなり、問題の対応は組織で行うため個人に責任を押し付けるようなことがありません。sfaは効率を最優先に考えた営業組織を作るためのツールです。誰が営業をやっても同じ結果が出るように組織でプロセスを作り込みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です