sfaツールを使って営業活動の標準化を図ろう

sfaは営業活動において、さまざまな効果をおよぼす機能がつまっているツールです。効率化を図ったり、営業プロセスの可視化が出来たりとメリットがある中で、注目したいのが営業活動の標準化です。企業の数ある部門の中でも、営業部門は特に人脈や成功事例など情報資産の高い部署となります。それと同時に営業パーソンの異動・退職に伴って、失われるケースが非常に多いです。

そこで活躍するのがsfaツールを使った、情報資産の収集および整理です。他の社員も容易にアクセスできるだけでなく、情報資産の流出を防いだり属人化を緩和して部署や企業全体のレベルアップにも貢献します。営業におけるノウハウの蓄積も、sfaツールの大事な役割です。案件ごとに管理したり、商談の進捗やフローを蓄積することにより、自然にノウハウが積み上げられていきます。

過去の似た事例からヒントを得て、大きな商談を成功させるという活用法も可能でしょう。成約に至った案件と失敗した事例を並べて分析することにより、成功法則を導き出すこともできます。各社員の成長、そして部門全体の売上アップにも繋がるという訳です。教育コストを下げられる点も、sfaツール運用のメリットです。

蓄積したノウハウからマニュアルを作り出し、新人教育に応用すればそのための時間・労力を大幅に節約できます。過去の優れた事例が豊富に積み上がっているほど、優秀な資料が作成できるという点も魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です