営業支援ツールの費用対効果を考える

営業支援ツールを導入するにあたり、自社の目的や課題改善等にぴったり合った営業支援ツールを導入する事は大切ですが、それ以外にも費用対効果が高いかどうかを確認することも大切です。費用対効果が高いかどうかを確認するためにも、営業支援ツールを導入した場合にスリム化できるであろう作業や時間、人的リソースなどを、数値化することから始めます。その上で費用対効果が高くなるツールを選ぶことが重要です。営業支援ツールの利用コストは様々ですが、完全無料であったり初期費用無料、利用料に応じて課金、月額定額制など様々なタイプのものがあります。

これだけではなく要望に応じてオーダーメイドでシステムが構築できるものもあり、この場合には内容によりそのコストも変動することになるでしょう。高額な予算をかけツールを導入したとしても、それに見合う分の成果が出せなければ導入した意味が全くなくなってしまいます。導入することで事務作業の時間はどれくらい減るのか、営業活動に回せる時間が増えるのかなど、きちんと計算した上で特になる範囲で予算を設定する必要があります。有料ツールの中には、無料でお試し期間が設けられているものもあります。

このようなものを上手に利用することで、本当に自社に合っているのかを確かめることもできるでしょう。実際の使いやすさやその効果を体験することにより、後で導入したのにもかかわらず使えなかったなどのコストの無駄を防ぐことにもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です